スポンサーリンク

Windowsを入れて2年使用したSSDの総書込量

ウチのPCにはSSDを2台入れています。
CrucialのBX100 250GBとSandiskのUltraplus 128GB

導入の経緯
2015年4月:SandiskのSSDにWindows 7を導入。
2016年2月:CrucialのSSDにWin 7環境をコピー。
以後、SandiskのSSDにはOfficeなどアプリケーションを入れることに。
2016年5月:Skylakeに組み替え。
BX100にはWindows 10をインストール。

SandiskのSSDは10ヶ月ほどWin7を入れており、
CrucialのSSDにはWin7を4ヶ月+Win10を22ヶ月ほど入れて運用してきました。

Windows7、10両環境とも仮想メモリは切ってます。
ついでに休止状態もOFFにして、SSDへの書き込み量を減らそうとしていました。
Cドライブは基本的にOSのみ。
アンチウイルスやOffice等のアプリケーションや、Steam等のゲームは
OSとは別のSSDなりHDDに導入しています。


Crucial BX100の総書き込み量は、2年で18TB

BX100の使用時間が妙に少ないですが、
そもそもCrucial謹製ツールでもおかしいのでどうしようもありません。

一方、Sandisk Ultraplus 128GBの総書き込み量は4.9TB

Windows 10はやたらとCドライブに書き込みまくるとはいえ、
1年で10TBは予想以上でした。
Prefetchなんかは切っているのですが。

http://xn--ssd-hz3g941m.com/?p=1039
BX100のTBWは72TBですが、有名な耐性テストを行っている方のところでは、
2700TBを超えて元気だったそうです。

メモリキャッシュ+MLCという無難な構成が良かったんでしょうか。
2700TBの半分でも使用するには100年以上掛かりそうですし
寿命について悩まなくても良さそうです。

http://xn--ssd-hz3g941m.com/?p=1307
Win10の入った今時のPCでは、1年の書き込み量が10TB超えも珍しくはないそうですね。
とはいえ、セールでよく見掛けるHynixのTLC 250GBだと30TBでエラー発生とのこと。
半分で見積もっても、私の環境では1年半でアウトです。
SSDの選択は相変わらず難しい・・・。

Win 7を入れてたSandiskのSSDが全然書き込まれてないのを見ると、
Win 10は本当に食いつぶすかのように書き込みを行うんですね。

関連コンテンツ_タイトル

関連コンテンツ

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする