スポンサーリンク

モデルナワクチン金属片混入についての調査結果


https://www.takeda.com/ja-jp/announcements/2021/statement-regarding-moderna-covid-19-vaccine-recall-investigation-report–october-2021/

https://www.takeda.com/4a761c/siteassets/ja-jp/home/announcements/2021/report/moderna-covid-19-vaccine-recall-investigation-report–october-2021_jp.pdf

武田薬品にて
モデルナワクチン金属片混入に関する詳しい調査結果が出ていました。

混入に至った経緯は人的ミスなんですが、判明していく過程が面白い。

製造ラインで瓶が割れる事故発生

ライン清掃のため、機械を一部取り外して清掃。

技術者不在だったので、電話で指示を受けながら素人のラインオペレーターが組み立て。

その後不良品が発見され、素人の組み立てが原因だと判断。
それ以降のロットを調査。それ以前はOKに。

でも実は1ヶ月以上前に専門の技術者が製造ライン切替時にやらかしていた。

世界的な需要で大忙しにしても、
ワクチンの製造現場って素人が弄ってOKだったのかと驚きました。

問題の金属片は
先に報告されたとおり製造機器に使われている316L ステンレススチールだったとのこと。
大きさは 22μm×15μm~697μm×410μm

ワクチン接種に使用された注射針の内径は約 260μmなので、
もし筋肉内に投与されたとしてもごく微量なため安全であると考えられる、そうです。

「粒子が筋肉内に投与されたとしても、注射針を通過するほどの小ささであること、生理学的条件下では
316L ステンレススチールからの金属の溶出は極めて低いこと 6)、316L ステンレススチールの成分は人体
に多く使用されており、重大な健康上のリスクは見られていないこと 7) から、健康や生命に危険を及ぼす
可能性は非常に低いと考えられます。 」

「自主回収対象ロットで報告のあった副反応について、現時点で入手可能なデータとこれまでに行われた
安全性分析によれば、本調査で確認された銀色の金属様粒子状物質と関連する健康被害を示唆する
証拠はありません。 」

まず問題はないという結論でした。

金属アレルギーに言及されていない点について、数年後サンデル教授が題材にしてたりして・・・。
トロッコ問題より身近で重い話になりすぎますけれど。

https://www.afpbb.com/articles/-/3370048
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100800437

心筋炎のリスクを見過ごせないため
ヨーロッパ各国でモデルナワクチン接種を中止し始めているのが少々気懸かり。

関連コンテンツ_タイトル

関連コンテンツ

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    心筋炎のリスク含め、副作用が強すぎるんですよね
    コロナかかるよりはいいだろって言われるんでしょうが

  2. 匿名 より:

    筋肉注射だと血管には入らないのかな

  3. 匿名 より:

    ゲーム以外の話題はtwitterとかにした方がいいですよ

  4. 匿名 より:

    みずほ銀行かな?

  5. 匿名 より:

    コロナワクチンはコロナに罹らなくなるものではない。
    罹ったときに重症化を避ける目的のワクチン。打っても罹る時は罹る

  6. 匿名 より:

    にしても日本のコロナ感染者が爆減しましたね
    その理由がまだきちんと解明されていないのが残念であり不安なのですが、
    ワクチン接種が進んだことが主要因なのでしょうか

  7. 匿名 より:

    どの国でもワクチン関係なしに、
    変異株で爆発的に1,2か月どっと増えて、その後はいきなり下り坂で減るってパターンだよね
    単純に変異体が流行る→数か月でその抗体ができる→どこかの国で変異体発生→…ていうのが繰り返されてるだけじゃない?そして今後も