スポンサーリンク

新型GeForceの詳細発表~ベンチマーク解禁は19日


https://www.4gamer.net/games/421/G042134/20180913178/
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1143260.html
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/1143278.html

9/20発売予定の新型GeForce RTX 2000シリーズの詳細について
NVIDIAが発表を行いました。

RTX 2080 Ti/RTX 2080/RTX 2070の3者で
すべて異なるコアを採用しているとのこと。

・RTX 2080 Ti(TU102):186億,754mm2,4352基
・RTX 2080(TU104):130億6000万,545mm2,2944基
・RTX 2070(TU106):108億,445mm2,2304基

L1キャッシュの動作クロックがPascalの2倍

GDDR6のメモリ帯域が616GB/sに到達

HBM2のメモリ帯域に近づいてきているのが面白い。

NVEncが更に高速に

8K30fpsでのリアルタイムエンコード可能
従来と同画質なら、H.265で25%低ビットレートに

SLIが遂にニコイチ動作

11GBメモリを搭載した 2080 Tiで2枚のSLI環境を構築したなら、
コア2倍&メモリも2倍の22GBとして扱えるように

・・・などなど。
NVIDIAからの技術的な解説が中心でした。

実ゲームでの性能比較等はありませんでしたが、
先日リークされた情報がコチラ。

https://www.techpowerup.com/247323/nvidia-geforce-rtx-2080-ti-benchmarks-allegedly-leaked-twice
https://www.3dcenter.org/news/angeblicher-benchmark-leak-zeigt-die-geforce-rtx-2080-ti-um-375-vor-der-geforce-gtx-1080-ti

4K Ultra環境でRTX 2080 Ti と GTX 1080 Ti のフレームレートを比較しています。

Far Cry 5なんかは70%も向上していますが、
Call of Duty: WW2は僅か10%ほどと結構数字はバラけています。

ざっと37.5%の性能向上。

SLIが遂に2枚のカードを1個の物として扱えるようになったのは画期的ですが、
残念ながら2080 Ti/2080 のみだそうです。
2070ではこの新しいSLIを体験出来ないとのこと。

関連コンテンツ_タイトル

関連コンテンツ

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする