スポンサーリンク

8コア16スレッドで65WなRyzen 3700Xか12コア24スレッドの3900Xか


https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1186695.html
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1186723.html

https://www.tomshardware.com/news/amd-computex-2019-keynote-7nm-third-gen-ryzen-navi-epyc-rome,39450.html
https://www.anandtech.com/show/14407/amd-ryzen-3000-announced-five-cpus-12-cores-for-499-up-to-46-ghz-pcie-40-coming-77
https://www.techspot.com/news/80241-amd-announces-ryzen-9-3900x-flagship-desktop-cpu.html

https://www.amd.com/en/press-releases/2019-05-26-amd-announces-next-generation-leadership-products-computex-2019-keynote

遂にAMDが新型Ryzenについて発表を行いました。

3700X—8コア16スレッド/TDP 65W/3.6-4.4GHz/$329
3800X—8コア16スレッド/TDP 105W/3.9-4.5GHz/$399
3900X—12コア24スレッド/TDP 105W/3.8-4.6GHz/$499

噂通り7/7発売予定。

本当に最初から12コア製品を投入してくるんですね。

3700Xはシングルでもマルチでも9700Kを上回る模様。

同じ12コアな3900Xと9920Xを比較すると、
性能でも省エネ面でも3900Xが上回っています。
定価499ドルvs1199ドル。

同時にNAVIこと新型Radeon 5000シリーズについても触れられています。
とうとうGCNを脱却してRDNAなるアーキテクチャに移行。

新型Radeon 5700はGeForce RTX 2070を10%ほど上回る性能なんだとか。

興味深いのがPC Watch記事の最後の一文。

「また、今回の新CPU、新GPUは、PCI Express Gen 4に対応し、
Core i9-9900K+GeForce RTX 2080 Tiより、
Ryzen 7 3800X+Radeon RX 5700のほうが3DMarkにおいて69%高性能だという。」

69%高速って俄には信じがたい数字。
だってRadeon RX 5700は 2070+10%の性能って言っていたのに・・・。
PCIe 4.0の恩恵?

X570マザーボードも検討した方がいいんでしょうか。

(追記)
コメント欄にて教えて貰いました。
新たに3DMarkに追加される「PCI Express周りの性能を測るテスト」で
69%上回ったそうです。

さすがに総合スコアで+69%なんて話ではなかったんですね。

実機レビューが待ち遠しいですね。

関連コンテンツ_タイトル

関連コンテンツ

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    69%高性能が本当だった場合は大革命でAMDの時代に本格的に突入ですね  数字だけ見ると全く信用できないですけどね

  2. 匿名 より:

    69%高速というのは3DMarkに今後追加される新しいテスト(PCIe Feature Test)での話です
    つまり主にPCI Express周りの性能を測るテストで、これがそのままゲーミングのパフォーマンスということではないでしょう
    そもそも「X570のPCIe4.0はすごい」という文脈で出てきたものですし
    9900K+2080TiというのはPCIgen3の代表として比較対象にされてます

    ↓基調講演中のデモを公開しているところ
    https://youtu.be/7vv4lwq-ZCw?t=6528

  3. OZ より:

    ありがとうございます。

    69%という数字は何か特別なテスト1つの結果なのかな?と疑ってはいたのですが、
    「PCI Express周りの性能を測るテスト」なんて物が追加されるんですね。

    なるほど。
    そりゃPCIe 4.0環境なら早くなるわけですね。