スポンサーリンク

IntelのCPU脆弱性問題~対策したらSkylakeやSandyにも再起動病


https://www.reuters.com/article/us-cyber-intel/intel-problem-in-patches-for-spectre-meltdown-extends-to-newer-chips-idUSKBN1F7087

https://news.goo.ne.jp/article/reuters/business/reuters-20180118039.html

今年になってから騒ぎになったIntel CPUを中心とする脆弱性問題ですが、
さらに厄介な事態になってたそうです。

応急処置としてOSのパッチ+マザーボードのBIOS修正と2つの処置が必要だそうですが、
マザーボードベンダーへIntelから送られたpatchにバグがあって
Haswellでは突発的再起動が起きると言われていました。

どうもそれだけでは済まなかったらしく、
KabylakeやSkylakeといった新しめのチップセットでも、
SandybridgeやIvybridgeといった少し前のチップセットでも
対策BIOSにアップデートしてしまうと再起動病に罹ってしまうんだとか。

充分な準備をしてから問題を発表する予定だった、
なんて噂は何だったんでしょうね。

脆弱性はそりゃ直したいものですけれど、
不意にPCが再起動してしまうのも避けたい。
この問題を解決しました!って発表があってからでないと
マザーボードのBIOS更新をするわけにはいかないような。

関連コンテンツ_タイトル

関連コンテンツ

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする