スポンサーリンク

充電池のエネループ=Panasonic=富士通=東芝?

https://panasonic.jp/battery/products/charge/eneloop.html
https://www.fdk.co.jp/denchi/standard/lineup.html
https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/living//webcata/lamp/tnh_b.htm

充電池のエネループは、もともと三洋電機のヒット商品でした。
が、三洋電機が傾いてパナソニック傘下となり、
現在はパナソニックが販売する充電池となっています。

・・・と思ってたんですが、事情はちょっと込み入っているんですね。

パナソニックが三洋電機を買収する際
エネループブランドはパナソニックへ移行しましたが、
独禁法絡みでエネループを製造する三洋子会社は富士通傘下へ(現FDK)。

結局今でも富士通傘下のFDKがエネループを製造しており、パナソニックが販売。
また富士通もFDK製造のニッケル水素電池を自社ブランドで販売。

さらに遡ると三洋電機は東芝の電池事業を譲り受けており、
東芝ブランドのニッケル水素電池もFDKが製造しているそうです。

ということでパナソニック・富士通・東芝の販売する充電池を眺めてみると、
単三のスタンダード型は 1.2V/1900mAh/充電 2,000回 と並んでいます。

細かい差異はあれど、3社の充電池はほぼ同じ?

市販価格はエネループが他より1.5倍ほどお高いわけですが、
中身が同じなら東芝や富士通にしようかなと思案中。

・・・あくまで日本国内製造の電池のお話であって、
たとえば東芝の高容量タイプには海外製の物も存在しており、
もちろんソレはエネループと異なる特性なんだとか。

今こんな事を調べ始めたのは、
手元のエネループ用に新しく充電器を買いたくなったからです。

現在リフレッシュ機能まで付いたSONY製の充電器を使っているのですが、
こやつは急速+倍速となっており、
単三エネループ2本を1050mAで充電してくれます。
所要時間は90分ほど。

早いのはいいのですが、とてつもなく発熱します。
電池の寿命を縮めている気がするので、
時間が掛かってもいいから低発熱の充電器がないかなぁと探しているところ。

エネループ用→パナソニックの充電器が良いのかな?と考えていたのですが、
富士通でも東芝でも良さそうな気がしてきました。

+20
関連コンテンツ_タイトル

関連コンテンツ

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なす より:

    IKEAの白い充電池も日本製でenaloop proと同一なのではみたいな話もあったような、近くにあるなら安いしオススメ

    +2
  2. 匿名 より:

    富士通の単3だと約850円、エネループだと約1450円
    次からは富士通の物を購入しよう情報ありがとうございます。

    +1
  3. 匿名 より:

    アマゾンのプライベートブランドも型落ちのエネループ、みたいな話も聞いたことありますねぇ
    最近はアマゾンのセールの時エネループ安くなりがちだから23日からのセールも見といたら?

    +1
  4. 匿名 より:

    ダイソーで充電池も充電器も100円で売ってるよ!売ってるよ!!

    0
  5. mino01 より:

    BQ-CC23 Amazonで975円急速タイプですが安くてなかなかいいです
    電池の状態を約2秒で診断し、電池1本ごとの状態に適した充電を行う、電池クイック診断機能付

    +1
  6. 匿名 より:

    100円ショップにあるもので充分。

    0
  7. 匿名 より:

    Amazonベーシックの充電池は以前はFDK製造でしたが、今は中国製です。

    +2
  8. 匿名 より:

    ニッケル水素電池って性能うんぬんより太さが気になる。
    エネループプロは昔から太かったけど
    Amazonベーシックの単三2000mAなんかも太くて入らない機器がある。

    +2