スポンサーリンク

FIFA21:ウキウキでSSを撮った直後に落雷&停電~豪華すぎるピックが


FIFA 21で81+ピックを引いたらコレ。

奇跡的な引きだわ悩ましいわ~とウキウキでSSを撮って
ルカクとキエーザどっちを選ぼうかと嬉しい悩みを抱えた瞬間、近くで落雷&停電。

・・・このピックはどうなるの?引き直し?

10数分後おそるおそるPC起動→FIFA 21を立ち上げてみたところ、
同じ内容のピックが残っていました。

ほっとひと安心。

イタリア優勝したし今大会で活躍したしでキエーザを選ぼうとしたのですが、
右サイドだと起用しづらい。
なら、イケニエ用に98のルカクでいいかと。

ユーロで存在感を示したし、
レナト・サンチェスの超強化版が来るかと思ったのですけれど。

ヨーロッパ選手権もイタリア優勝で遂に終幕しましたね。

今大会のイタリアはずっと魅力的なサッカーを展開していましたし、
イタリア優勝おめでとうと素直に祝福します。

決勝イングランドは開始2分に先制した後、
早くも得意の塩試合に持ち込もうと?ひたすら守って単発攻撃。
前半に放ったシュートは先制した1本のみと徹底していました。

でも、試合を見ていた人はほぼ全員
「その展開で残り88分保つんだろうか?」と疑問を抱いたはず。

やっぱり後半イタリアが同点に追いついてからは、
イングランドの姿勢は中途半端というかオフェンス面が不完全燃焼。

チーム全体でもう少し前に行けば追加点も狙えたと思うのですが、
サウスゲート監督のイングランドってマッチョを揃えて縦一本のアスリート系だし、
後ろにスペースを作って攻めたら普通にカウンターに沈みそうな気もします。

イングランドはもうちょっとやれたような、そうでもないような。

関連コンテンツ_タイトル

関連コンテンツ

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする