スポンサーリンク

SpectreRSB~マイクロコード更新では対処できないCPU脆弱性


http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1807/24/news063.html
https://japan.cnet.com/article/35122981/

またCPUの脆弱性が発見されたそうです。

例によって投機的実行を突くものですが、
分岐予測ではなくリターンアドレスの予測(RSB)を悪用したものだとか。

既にIntel SGXへの攻撃は成功しているそうで、
マイクロコード更新による既存のSpectre対策は用をなさないとのこと。

ARMやAMDではどうなるんでしょうね。

やっぱりOS側で対処することになって、
さらに処理速度が下がるんでしょうか・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    コンビニなどでsteamプリペイドカードを購入するとportal 2などが貰えるキャンペーンをやってるみたいです。