スポンサーリンク

CPU脆弱性を修正したらCPU使用率が倍になったそうで


https://www.epicgames.com/fortnite/forums/news/announcements/132642-epic-services-stability-update

新年早々えらい騒ぎになっているIntelを中心としたCPU脆弱性問題ですが、
修正パッチを当てたサーバーが更にえらいことになっています。

CPUの使用率が跳ね上がってます。
逆に言うと、脆弱性を修正したら性能が半分に落ちた?

世界中のサーバーが大きな影響を受けるんでしょうね。

一方個人PCでは、Windowsアップデートで提供される修正パッチでは
さほどパフォーマンスは下がらないと言われていました。

が、マザーボードのBIOSも対策版に更新すると
動画エンコードが4割遅くなったとか、ゲームのFPSが落ちたとか、
大幅に性能が下がる事例が出てきているようです。

なんてこったい。

Zen+の発表がもう間もなくで発売が3月でしたっけ。
移行を考えたいところですが、全世界的な競争になりそうですね。

それまでは、まず個人用途ではブラウザの対策でしょうか。
FireFoxは最新版で対策済みだとか。
Chromeは次のバージョンで本格的に対応予定で、それまでは設定で対処してね、とのこと。

Chrome://flags/
で site で検索。
出てきた中から、Strict site isolation という機能を有効にする と良いそうです。

(追記)

https://forums.anandtech.com/threads/massive-security-hole-in-xeons-incoming.2532563/page-29#post-39247663

自力でBIOSを修正した人によると、
Core i7-4712MQでPC Mark 10のスコアが3303→2657へ低下。

Haswellで2~3割性能が下がったそうです。

これは大きいですよね・・・。

関連コンテンツ_タイトル

関連コンテンツ

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    謎の半導体メーカー「まともなライバルおらんからやらかしても平気やで!」

  2. 匿名 より:

    競争相手がいないとこうなるんだなと

  3. 匿名 より:

    ろくでもないことしてくれたもんよ
    俺のVR ReadyノーパソもVR始めることすら適わなそう
    いつかやろうと思って購入だけしてたshadow of warもthe hunterも、もっさりに
    つらたん