スポンサーリンク

Intel CPU脆弱性修正BIOSで再起動ループに

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/011202945/
http://jp.wsj.com/articles/SB11358320518611063672504583633000539049448
https://www.neowin.net/news/intels-fix-for-meltdown-and-spectre-had-a-bug-of-its-own

今年に入っていきなり暴露されたIntel CPUを中心とした脆弱性ですが、
とりあえずの応急処置にはOSのpatchだけでなく、
マザーボードのBIOSも新しくしなければならないそうです。

で、各マザボ製造社へIntelがpatchを送ったそうですが、
それにバグがあって?新BIOSに更新してしまうと再起動ループに入ることがあるんだとか。
Haswell・Broadwell世代が危ないとのこと。

・・・色々とヒドイ状況ですね。

(追記)**********************************************
ループというか再起動の頻度が増えると記載されていますが、
まさかいきなり勝手に再起動が掛かるんでしょうかね。
さすがにソレはないと思いたいけれど。
***************************************************

https://newsroom.intel.com/editorials/intel-security-issue-update-initial-performance-data-results-client-systems/
https://gigazine.net/news/20180112-intel-meltdown-spectre-fix-data-result/
ついでにIntel自ら公表したベンチマーク。
CPU脆弱性問題に対策を行った後のパフォーマンス低下について。

当事者が発表した数値なので「影響は軽微だよ」とアピールする一方で、
Win10+Skylake 6700K+SSD環境で応答性が21%低下。

私の環境そのものです orz

BIOS未更新でWindows 10にpatchを当てただけの方が
VRスコア2割減という悲しい結果をTwitterで拝見しましたし、
性能低下は想像以上に悲惨な事になるのかも。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    なんだか水道工事のコントの様なありさまですね。
    こっちを押さえればあっちから水が、という。
    すんなり解決とはいかない予感がします。

  2. 匿名 より:

    パフォーマンス21%低下って、もう「欠陥商品」ってレベルじゃん。「あなたのCPUの性能は今日からより低ランクのCPU並みになります」って話でしょ?ユーザーからすると全く納得いかないよね。本来なら無償で同じパフォーマンスのバグ無しのCPUに交換するべきでしょ。大企業なら何やってもゆるされるんか!全く納得いかん。

  3. 匿名 より:

    今i7 2600で重めのMMORPGやってるんで1か月くらい前からcpuの買い替え考えてたんですけど、これもうおとなしくryzenにしたほうがいいんですかね…

  4. 匿名 より:

    Sandy Bridgeからryzenにいいんじゃないですか。ただ久しぶりにDDR4のメモリ購入しようとしたら去年からさらに値上がりしてて驚いたので予算にはお気を付けを

  5. OZ より:

    >水道工事のコント
    深刻な問題のハズなのに、くすっときました。
    そんな感じですよね。

    >パフォーマンス21%低下
    Intel自身が公表した数字でコレですからね。
    よりヒドイ結果になる可能性もありますし納得なんかできませんが、
    当のIntelも交換可能な「真っ当な」CPUを持ってないという・・・。

    >cpuの買い替え
    現時点ならRyzenをオススメするしかないんでしょうが、
    メモリの高騰っぷりは泣けてきますね。

  6. 匿名 より:

    リコール対象にはならないと言い張っているのでまずリコールはされないでしょうGigabyteのマザボは最新の製品以外ファームウェアアップデートを一切しないという神対応なので買い替えのときには間違って買わないように注意