スポンサーリンク

AmazonでTP-Linkの無線LANルーターをセール中

https://www.amazon.co.jp/b/?node=5329314051

AmazonにてTP-Linkの無線LANルーターをセールしています。
11/9限定。

・TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Archer C1200 11ac 867 + 300Mbps デュアルバンド
——4,768円
・TP-Link WIFI 無線LAN ルーター Archer C50 + LANケーブル TL-EC505EM セット
——3,456円
・TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Archer C9 11ac 1300Mbps+600Mbps
——9,780円
・TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 11ac/n/a/g/b 1733 + 800Mbps
——10,470円
・TP-Link WIFI 無線LAN 中継機 11ac対応 11ac/n/a/g/b 867+300Mbps
——5,390円

TP-Linkの無線機器は、カタログスペックも各種レビューも悪くないので気になってました。
・・・昨日中国メーカーの脅威について再認識したばかりですけれど。

http://www.hotnam.com/news/160702015017.html
少し前の記事ですが、セキュリティーホールを確認したルーターの9割が
TP-LinkやZTE、D-Linkなどの中国製だったという記事もあります。

DD-WRTなどカスタムファームウェアを導入出来るのなら、
安心して使えるんでしょうか?

こんな懸念を持つくらいなら、そもそも手を出しちゃいけなんでしょうね。

関連コンテンツ_タイトル

関連コンテンツ

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    OpenWrt入れて遊ぶならBrick化したときのためにUSB-シリアル通信できるFT232H載せたボードとか買っとかないとしぬ
    これとブレッドボードと半田ごてとジャンパピンは改造ジャンキーの必需品

  2. OZ より:

    そこまでの準備をした方がいいんですね。

    Snapdragon搭載スマホのEDLモードみたいに、
    何かしらの救済策が用意されてるものだと軽く考えてました。