PCパーツ・周辺機器一覧

Windowsを入れて2年使用したSSDの総書込量

ウチのPCにはSSDを2台入れています。
CrucialのBX100 250GBとSandiskのUltraplus 128GB

 

導入の経緯
2015年4月:SandiskのSSDにWindows 7を導入。
2016年2月:CrucialのSSDにWin 7環境をコピー。
以後、SandiskのSSDにはOfficeなどアプリケーションを入れることに。
2016年5月:Skylakeに組み替え。
BX100にはWindows 10をインストール。

 

SandiskのSSDは10ヶ月ほどWin7を入れており、
CrucialのSSDにはWin7を4ヶ月+Win10を22ヶ月ほど入れて運用してきました。

Windows7、10両環境とも仮想メモリは切ってます。
ついでに休止状態もOFFにして、SSDへの書き込み量を減らそうとしていました。
Cドライブは基本的にOSのみ。
アンチウイルスやOffice等のアプリケーションや、Steam等のゲームは
OSとは別のSSDなりHDDに導入しています。

 

 


Crucial BX100の総書き込み量は、2年で18TB

BX100の使用時間が妙に少ないですが、
そもそもCrucial謹製ツールでもおかしいのでどうしようもありません。

 

一方、Sandisk Ultraplus 128GBの総書き込み量は4.9TB

 

Windows 10はやたらとCドライブに書き込みまくるとはいえ、
1年で10TBは予想以上でした。
Prefetchなんかは切っているのですが。

 

 

http://xn--ssd-hz3g941m.com/?p=1039
BX100のTBWは72TBですが、有名な耐性テストを行っている方のところでは、
2700TBを超えて元気だったそうです。

メモリキャッシュ+MLCという無難な構成が良かったんでしょうか。
2700TBの半分でも使用するには100年以上掛かりそうですし
寿命について悩まなくても良さそうです。

 

http://xn--ssd-hz3g941m.com/?p=1307
Win10の入った今時のPCでは、1年の書き込み量が10TB超えも珍しくはないそうですね。
とはいえ、セールでよく見掛けるHynixのTLC 250GBだと30TBでエラー発生とのこと。
半分で見積もっても、私の環境では1年半でアウトです。
SSDの選択は相変わらず難しい・・・。

 

 

Win 7を入れてたSandiskのSSDが全然書き込まれてないのを見ると、
Win 10は本当に食いつぶすかのように書き込みを行うんですね。


ASRockがグラフィックカード市場に進出

https://www.digitimes.com/news/a20180307PD206.html

ASRockがグラフィックカード市場に進出するそうです。

4月からAMDベースの商品を投入するんだとか。

 

ASUSもGIGABYTEもMSIもグラフィックカードを出してたのに、
よく考えたらASRockは出してなかったんですね。
意外な気がします。

 

次期GeForceがバカ高くなる?なんて噂もあるので
NVIDIAのカードも出して欲しかったんですが、当分出なさそうですね。


Ryzen 2700Xがリーク~3.7GHzベースでブースト時4.1GHz?


https://wccftech.com/amd-ryzen-7-2700x-8-core-16-thread-cpu-leak/

4月に発売予定のCPU Ryzen 2000シリーズですが、
2700Xの情報がリークされています。

従来のRyzen 7シリーズと同じく8コア16スレッドで、
1700Xと比較するとベースクロックが3.5GHz→3.7GHzと200MHz引き上げられています。
ブースト時は3.8GHz→4.1GHzに。

 

少し前にリークされた2600では、
1600と比べて同クロックで7~8%の性能向上を見せていました。

2700Xも同程度の向上なら、
1割弱のクロック上昇分と併せて1700X比10~15%ほどの向上でしょうか。

どこまでホントなのかは分かりませんが、
発売まであと少しの現在が一番妄想が捗って楽しい時期かもしれません。