PCパーツ・周辺機器一覧

AmazonでCrucial Ballistix Sport LT 3000 MHz 16GBx2 メモリが$129.99


https://www.amazon.com/dp/B07MNJGP3G/

Amazon.comにて
Crucial Ballistix Sport LT 3000 MHz DDR4メモリ (16GBx2)が129.99ドルとなっています。
3000MHz CL16ではなく、CL15の方。

日本への送料+デポジットは僅か5.29ドル。

 

 

レビューによると、チップはMicron E-Dieだったとのこと。
3600MHz/CL 16/1.4Vで普通に動作したとも。

3200MHzメモリと中身は同じで?値段が30ドルほどお安くなっております。

 

同じMicron E-Dieでも、高耐性な個体は3600MHzメモリの方に廻されているのかもしれませんが、
3200MHzくらいで運用するなら大丈夫なんでしょうか?

 

 

Micron J-Dieも気になるところではありますが、
Micron E-Dieの32GBでこのお値段なら、かなりお買い得な気がします。

 

8/26入荷予定で、日本に届くのは来月中旬とのこと。
こう書かれていても、1週間で届くこともあります。
そんな奇跡に賭けてみたいような・・・。

 

初期不良の時の手間は大変に思えますが、
Amazon相手なら用意された手続きに従うだけで簡単みたいだし。

 

DDR4世代の最後に手を出そうか、悩みますね。


AmazonでRyzen 3900Xが$499~そろそろ買えるようになった?


https://www.amazon.com/dp/B07SXMZLP9

Amazon.comにてでRyzen R9 3900Xが499.00ドルで販売中です。
日本へも発送可能ですが、届くのは今月下旬になるとのこと。

 

Amazon.comではずっと品切れ表示ばかりで
なかなか販売して貰えなかったのですが、
今日はまだ予約を受け付けていますね。

そろそろ争奪戦は終了して、安定供給されるようになったんでしょうか。

 

 

 

私の手元にあるASUS C6HはまだまだRyzen 3000シリーズへの最適化不足らしく、
手を出すのはまだ少し先になりそうです。


NVIDIA製GPUドライバに5件の脆弱性

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1200003.html
https://nvidia.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/4841

NVIDIA製GPUドライバに脆弱性が5件見つかったそうです。
特権昇格、任意コードの実行など危険なものも。

 

431.60以降のドライバに更新することで対応できる模様。

 

 

 

半年くらいドライバ更新してなかった気がしたので、
いつも通りDDUを経て431.60をインストールしてきました。

 

ドライバ更新の度に手動で停止していたテレメトリサービスは、
GFEを導入した場合のみサービス登録されるんでしたっけ?

ドライバのみ入れた状況で、telemetryを探して小一時間悩んでました。