PCパーツ・周辺機器一覧

Amazonで19ボタンマウスが2,294円に

https://www.amazon.co.jp/dp/B077HTG9WH/

Amazonのタイムセール祭りにて
サイド12ボタンのマウスが2,294円となっています。

 

ホイールは左右チルトに対応しているし、
マウス側面には12個ものボタンが並んでいます。

多ボタンマウスの入門用に面白そうだなぁと時々チェックしていました。

 

・・・が。
よくよくレビューを読んでみると、
かなりクセがあるというか入門用にはオススメしかねるような。

 

ボタン設定をプロファイルに記憶可能ですけれど、ソフトウェア方式。
マウス本体に記憶させるのではなく、インストールしたソフトに保存します。

 

そのうえ、ソフトの出来が悪いとのこと。
普段使い用のプロファイル1→ゲーム用のプロファイル2に切り替えるには、
「右クリック→Load→希望のプロファイルを選択→開くボタン」
という一連の動作が必要になるそうです。
もちろん自動切り替えなんてありません。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00FNKMVUO/
明日のお昼頃には、中華多ボタンマウスの定番?
UtechSmartのマウスがタイムセールに登場予定ですし、
この手のマウスに初めて触れるなら、コッチの方が良い気がします。

オムロンスイッチにAVAGOセンサーと押さえるべき所を押さえていますし。


GTX 1070Ti/1070/1060購入でMONSTER HUNTER: WORLDを貰えるキャンペーン


https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/campaigns/monster-hunter-world-bundle/

GeForce GTX 1070Ti/1070/1060 を購入された方向けに
MONSTER HUNTER: WORLDを入手出来るキャンペーンを行っています。

商品購入期間:10/23~11/29
コード発行:10/23~12/24(ASUS) または 10/23~12/31(MSI/ZOTAC)

 

何処のメーカーでも良いわけではなさそう。
日本で協賛しているのは3社だけ?

ASUS:https://www.asus.com/jp/News/CzUesVYzUBrKFBZO
MSI:https://jp.msi.com/Promotion/the-hunt-begins
ZOTAC:https://www.zotac.com/jp/page/monster-hunter-world-game-bundle

 

https://www.evga.com/articles/01275/the-hunt-begins/
EVGAもやってるみたいですね。
個人輸入したカードでも、領収書があれば大丈夫なんでしょうか。

 

 

従来のこの手のキャンペーンで対象となる型番が指定されていたこともありますので、
購入前にメーカーのキャンペーンページを熟読されることをオススメします。

 

今年中にPascalを売り切りたいんでしょうか。

噂される GTX 2060?の発売は案外早かったりして。


NTT-XでRadeon RX580が2万2,980円など~明日正午からのX-DAYセール


https://nttxstore.jp/

明日正午から始まる NTT-X のX-DAYセールにて
Radeon RX580 などがお安くなっています。

ASRock Radeon RX580搭載 PGX Radeon RX580 8G OC——2万2,980円
ASRock Radeon RX570搭載 PGX Radeon RX570 8G OC——1万9,980円

ASRock AMD X370チップセット搭載 X370 Taichi——1万4,980円

クーラーマスター V650 Semi-Modular——6,980円
クーラーマスター V550 Semi-Modular——5,970円

インテルSSD Pro 5400Sシリーズ 360GB SATA SSDSC2KF360H6——6,780円

 

 

Radeon RX580の性能は、概ねGeForce GTX 1060やGTX 980と同程度。

4Kではさすがに力不足ですが、
FHD環境なら今でも充分現役なような。

マイニング需要での高騰がなければ、
本来200ドル程度でお買い得なGPUだったんですよね。
ようやく本来の価格帯に戻ってきました。

 

 

X370 Taichiはハイエンドなマザーボード。
とくにVRM周りが豪華で、
現行X470シリーズでもX370 Taichiに匹敵するのはX470 Taichiくらい。

BIOSアップデートでRyzen 2000シリーズにも対応しています。

NTT-X販売品のBIOSバージョン不明なのが少々怖いところですが、
先日Ryzen 2600とセット販売されていた X370 Taichiは、
2000シリーズ対応BIOSだったとのこと。