PCゲーム:雑記一覧

Detroit: Become HumanのPC版発売予定~Epic限定で


https://www.famitsu.com/news/201903/21173524.html

Epic Gamesの勢いは止まりませんね。

 

昨年高い評価を得たアドベンチャーゲーム Detroit: Become Human などのPC版を
Epic Gamesが独占配信するとのこと。

Epic GamesがSteamに挑戦する構図はまだまだ続きそうです。

 

 

消費者の立場としては健全な競争なら歓迎するところなのですが、
囲い込み・独占という手段で喧嘩されても・・・。

 

 

それに先日発覚した情報収集問題もあって、
Detroit: Become Human のPC移植を素直に喜んでよいものかどうか。

かといって、ここ数年のSteam運営が絶賛されるようなものだったとも思えませんし・・・。

 

Googleまで違った形で参入で、10年先がどうなっているのかよく分かりません。

 

 

 

 

KonamiがEpic移籍→ウイイレに巨額資金投入でライセンス全制覇
→ノーライセンスでMOD不可なFIFAシリーズ壊滅、なんて未来もあり得るんでしょうか。

テンセントの札束攻勢と中国スーパーリーグの資金過剰っぷりを見ると
1回くらいはチャレンジしそうな気もします。


Epic GamesのSteam情報収集問題~Epicは修正?Valveは調査開始


https://gigazine.net/news/20190317-epic-promises-fix-game-launcher/

https://www.bleepingcomputer.com/news/security/epic-promises-to-fix-game-launcher-after-privacy-concerns/

https://www.pcgamer.com/valve-doesnt-sound-too-happy-about-the-epic-store-copying-steam-data/

 

 

Epic Gamesランチャーが起動時にSteam関係のフォルダをサーチして フレンドや履歴などの情報を収集、暗号化フ...

先日Epic GamesランチャーがSteam関連情報を勝手に収集・送信していたことが発覚して
大きな話題となりました。

 

 

この問題について、張本人のEpic Gamesが釈明しています。

「意図的に情報収集してました」なんて宣言するはずもなく、
とりあえずランチャーを修正するそうです。

 

一方Steam運営元のValveは調査中と発表。
不快感を示しています。

 

 

Epicはあくまで送信したのはフレンド情報のみだと言ってますけれど、
Valveの調査で詳細が明らかになるんでしょうかね。

 

それより何より、導入時にあれだけ騒がれたGDPRについて
EUのえらい人へ誰か取材してないのかとても気になります。


Origin Access Basicに加入しても、英語版Inquisitionは日本語化されませんでした orz

https://www.origin.com/jpn/ja-jp/store/origin-access

昨夜貰ったOrigin Access Basicのキーを有効化してみました。

 

「非継続型」と記載されています。
登録時にカード番号を要求されたりする自動継続型だったらどうしよう、
なんて心配していましたが、これなら安心ですね。

 

1ヶ月後の4/16に終了します。

 

 

https://www.origin.com/jpn/ja-jp/store/origin-access/vault-games
さっそくOrigin Vaultへ。

 

お目当ては、海外版を購入してしまった Dragon Age: Inquisition
日本Originで購入すると日本語が付いてきますが、海外キーには日本語無し。

Origin Access Basicで日本語版を遊べるようになることを期待。

 

Vaultで閲覧すると、GOTYを所有していると表示されています。

「ライブラリで見る」ボタンを押してみると

 

・・・ライブラリに移っても、何も表示されません。
本来ココにはオレンジ色の「ダウンロード」ボタンがあるはずなのですが・・・。

 

 

OriginのライブラリからInquisitionを閲覧すると、
「ダウンロード」ボタン有り。

 

 

ただし、海外キーなので言語に日本語無し。

 

 

 

 

嫌な予感がして、今度は先にライブラリでロシア版Dead Space 3を確認。
ロシア語しか収録されていない隔離版です。

 

 


Origin Vaultでの表示。
「スタンダードエディションを持っています」

ここで「ライブラリで見る」ボタンを押してみると

 

 


やっぱり何も無し。

 

 

だんだん分かってきました。
・日本語なしのグローバル版
・日本語版
・ロシア語限定版
これらは厳密には別ゲーム扱いなんですね。

 

Steamで言うところのApp_IDとSub_IDの関係と理解していいんでしょうか。。

App_ID:Dragon Age: Inquisition
–Sub_ID:01- Global
–Sub_ID:02- Japanese
–Sub_ID:03- Russian

みたいな構造になっていて、
Originライブラリに表示されるのは厳密なSub_IDの方。
一方で、Origin Accessに表示されるのはApp_IDの方。

 

だから、海外版Inquisitionを持っている私が日本でOrigin Accessに加入すると
Origin Accessでは所有済み
→そこから日本語版Inquisitionのページに移動すると空白になると。

 

 

ブラウザでOriginにログインしてみたところ、この理解が正しいように思えます。

私のライブラリからInquisitionを眺めると
https://www.origin.com/jpn/ja-jp/game-library/ogd/Origin.OFR.50.0001131/

日本で加入したOrigin AccessのInquisitionページからライブラリへ移動すると
https://www.origin.com/jpn/ja-jp/game-library/ogd/Origin.OFR.50.0001134/

 

 


所有していないタイトルをOrigin Accessで閲覧した場合は、
「ライブラリに追加」ボタンが表示されます。

 

 

他言語版を持っていると、
Origin Accessに加入しても日本語では遊べないんですね。残念です。

 

 

新規アカウントでOrigin Accessに加入していれば、
日本語版Inquisitionを遊べたんだと今になって気付きました。
でも、もう後の祭り。