PCゲーム:雑記一覧

ブロックチェーンがPCゲーム市場で利用されるようになったら

http://www.4gamer.net/games/036/G003691/20180126057/

正直仕組みはよく分からないのですが、
仮想通貨取引に使われているブロックチェーン技術を
PCゲーム販売に持ってくる試みを行っているそうです。

ValveやEAのようにサーバーを幾つも用意して管理する必要が無くなる
ってのはサービス提供側のお話。
消費者側の話としては、DL購入したタイトルを中古売買可能になるかもって
ところが興味深い。

将来はこういった仕組みがDL販売の主流になっているのかもしれませんね。
そうなった時には、ATARIショックを超える
Steamショックなんて大事件が起きてそうですけれど。

 

 

・・・ちょっと遠くを眺めたくなったのは、
GMGでAssassin’s Creed Origins – The Hidden Onesを買ってロシア版本体に適用しても、
やっぱりロシア語&中国語のままだったから。


ロシア語限定のUBIタイトル+英語付きシーズンパス=?

GamersGateでUBIセールを行っていたので、かねてからの疑問に挑戦してきました。

 

 

UBI Softの厳しい言語制限により、
UBIタイトルをロシアで購入するとロシア語(+中国語)のみになってます。
英語も日本語もまず含まれていません。

ファイルの改変だとかWW版ファイルで上書きなんて手法は通用しないみたい?

 

英語や日本語が欲しければ、ロシアでは買わないことです。

 

 

そう諦めていたのですが、先月面白い事件に出会いました。。
yuplayで購入したSTEEPのオリンピックDLCをロシア語版本体に適用したところ、
ロシア語と中国語しか収録されていなかったSTEEP本編が英語表記となったのです。

よくよく見ると、当時yuplayで販売されていたオリンピックDLCの言語欄に
「英語・ロシア語」と記載されていました。

 

これはつまり・・・DLCを買えば本編の言語が増える?

そう思って深夜に暴走した結果がコチラ。

 

ふと思いついてチャレンジしたら失敗したお話。 先日yuplayでSTEEPのRoad to the Olympicsを購入した...

はい。
衣装DLCでは本編に影響を及ぼしませんでした。

でも、大型のDLCでは?
いっそシーズンパスでは?

 

疑問を抱き続けていたら、ちょうどロシアとGamersGateでUBIセールを行っています。

https://yuplay.ru/product/14766463/

Anno 2205本体。
ロシア語のみ収録と書かれていて、お値段374ルーブル→700円弱。

 

https://www.gamersgate.com/DLC-ANNO2205SP1-GN-ROW/ano-205-season-pas

Anno 2205 – Season Pass
収録言語欄にロシア語の他、英語・ドイツ語・フランス語と記載されています。
648円。

Anno 2205 Ultimate Editionを普通に購入した方が安い気もしますけれどチャレンジ。

 

 

まずはロシアで本体を。
実はyuplayが気を利かせてWW版キーを販売してました~なんて事態は普段なら大歓迎ですが
今日だけは勘弁してください。

 

Uplayクライアントからキー登録。
日本で普通にアクティベートしたら拒絶されて~というシーンを撮影しようとしたら
そのまま登録されてしまいました。
VPNは不要のようです。
いや、嬉しいんだけどまさか。

 

Anno 2205は、Uplayでのプロパティ欄に言語欄なし。
(* DL完了後、言語選択可能に)
インストール中にも言語選択はありませんでした。
このキーがロシア語限定版なのかどうか確認するにはDL終了まで待機するしかなさそうです。

 

無事に?ロシア語版でした。

さぁ、ここからが本題。
グローバル版シーズンパスをアクティベートして、
Anno 2205に英語が追加されるかどうか。

 

 


あああ orz

 

 


ゲーム本体にDLC扱いでLanguage Packが付いてくるタイプでした。
Divisionと同じですね。

本体にのみ付属するLanguage Packを追加するには、
WW版なりJP版なりの本体を購入するしかありません。

 

やっぱりDLC追加で本体の言語が増えるなんて何かの間違いだったんでしょうか。

 

 

・・・このLanguage Pack形式は過去のもので、今は採用されていないのかもしれません。
STEEP、Wildlands、Originsと3本とも
Uplayのマイゲーム欄にLanguage Packは存在していません。

Assassin’s Creed Originsのシーズンパスが安くなったら
これに懲りずにまた挑戦してみたいですね。


Assassin’s Creed Origins~DLC購入で日本語化?→失敗

ふと思いついてチャレンジしたら失敗したお話。

 

先日yuplayでSTEEPのRoad to the Olympicsを購入したところ、
「英語+ロシア語」バージョンだったためか?
ロシア語+中国語のみのSTEEP本体に英語が追加されました。

 

中国語のままテキトーに進行している
ロシア版Assassin’s Creed Originsが辛くなってきたところなので、
ひょっとしたらWW版のDLCを追加したら英語や日本語まで追加されるのでは?
と希望的観測にすがってみました。

https://www.amazon.com/dp/B0777NR2B1/
何でも良かったので、Amazonで衣装セット6.99ドルを選択。

 

さくっと購入。

いつの間にかUplayのリージョン管理は厳しくなっていたんですね。
Amazon.comで購入したキーは、日本でアクティベート不可でした。
仕方ないのでVPNを通してUplayに登録。

さぁ、コレで晴れて日本語版降臨。

 

 

・・・しませんでした。

 

最近のUplayでの言語規制がよく分かりません。

The Crew
WW版本体+ロシア版拡張→拡張も日本語でPLAY可能
STEEP
ロシア版本体+英語付拡張→本体に英語追加

Assassin’s Creed Originsも、衣装DLCではなくシーズンパスなら
成功したんでしょうか?

お安くなったら今度挑戦してみたいですね。