PCパーツ・周辺機器一覧

Amazonで13ボタンのゲーミングマウス Redragon M902が2,000円に


https://www.amazon.co.jp/dp/B01H4P4NBU/

AmazonにてRedragonのゲーミングマウス M902が2,000円となっています。

 

サイバーマンデーセールの一環なんでしょうか?
2,500円にまで下がった価格に、更に20%引きキャンペーンを行っています。

 

実際に購入手続きを進めてみると、確かに2,000円。

 

M902をざっと触った感想は、こんな感じ

先日Amazonで購入したゲーミングマウス Redragon M902 SAMSARA を使ってみました。 ざっと特徴...

 

2,500円でも破格と言えるでしょうに、何でここまで・・・。
ちょっと悔しい。

 

在庫は潤沢だったハズなのに、いつの間にか残り8個だそうです。
予備にもう1個買っておこうか迷いますね。


NTT-XでRyzen 1700 & X370のATXマザーボードが3万9,800円


https://nttxstore.jp/_II_QZX0015404

NTT-Xの17周年記念セールにて
AMDの8コア16スレッドCPU Ryzen 1700と
Biostar製X370 ATXマザーボードのセットが3万9,800円となっています。

CPUは1700なので、Wraith Spire Coolerも付いてきます。

 

https://nttxstore.jp/_II_QZX0015406
http://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_2097.php
http://www.biostar.com.tw/app/jp/mb/introduction.php?S_ID=874
マザーボードはBiostarのX370GT7/LED FAN

 

https://nttxstore.jp/_II_QZX0015407
マイクロATXのBiostar X370GT3 とのセットなら、3万7,800円。

 

CPUとマザーボードのセット価格も大分こなれてきましたね。
メモリさえお安くなれば、新規に組むには良い頃合いなんですが。


ゲーミングマウス Redragon M902 SAMSARA を数日使ってみて


https://www.amazon.co.jp/dp/B01H4P4NBU/
http://www.redragonzone.com/Home/Product/item/id/64.html

先日Amazonで購入したゲーミングマウス Redragon M902 SAMSARA を使ってみました。

ざっと特徴を並べると
・最大 16400DPI のAVAGOレーザーセンサー
・Omronスイッチ
・13個のボタンすべてにマクロなど割り当て可能
・プロファイルは5つ
・重量調整可能

カタログスペックなら、かなり高額なゲーミングマウスとも渡り合えそうです。
これが2,500円。

 

以前使っていた Anker 8200dpi マウスよりほんの少し小さいくらい。

 

 

結論から言うと、非常に快適に使えています。

 

懸念は幾つか有りました。

Amazonの商品写真でも分かるとおり、表面はツルツルしています。
これじゃあ滑ってしまって大変なのでは?なんて心配してましたが、大丈夫でした。
マウス形状の凹凸に沿って手を重ねると、自然と指が収まってグリップ感が増します。

親指側ボタンの一番手前も親指の腹で誤爆しまくり?なんてこともない。

手の大きさやマウスの持ち方にもよるんでしょうけれど、
こんな風に左からやや斜めに被せ持ちしていると、使い勝手は良好でした。

中指をホイール上に&薬指を右クリック上に置くスタイルでは
ちょっと持ちにくそうです。

 

 

センサーもとくにブレたりせず、紙の上でも机の上でも反応良し。
愛用しているダイソーの布マウスパッド37番でも問題なし。
22cm×27cmで裏ゴム有りの37番は結構オススメのマウスパッドですよー。

 

写真で見たときは左クリック周辺が狭くなってボタンも増えていて
押し間違えたりしないか気になってましたが、
始めて握った時から誤爆も無く使えています。

サイドボタンは軽い安物っぽい感触では無く、しっかりした押し心地有り。
さすがにまだ分解する気はないですが、
ボタンを押したときの音が左右クリックした時と同じ音なんですけれど
・・・まさか横にもオムロンスイッチ?

 

5つのプロファイル毎にホイール部分の色が固定されてます。
下半分は派手に点滅します。
両方とも消灯できるので、普段使いのプロファイルは完全消灯、
ゲーム用では全力でカラフルにしてます。

ただ、プロファイル切り替えが順送りのみで戻ってくる機能がありません。
ゲームした後、普段使いに戻ってくるまで
マウス裏の切り替えボタンを4回押さなきゃならないのは地味に煩わしい。

5つのプロファイルを
普段使い(消灯)–ゲーム(点灯)–普段使い(消灯)–ゲーム(点灯)–普段使い(消灯)
と2種類で埋めてしまっても良さそうですけれど。

 

グリップ感やマウス上面ボタンとの兼ね合いで
指を置く部分がキッチリ決められているのが不満と言えば不満点?
表面がツルツルテカテカしているため、手汗が気になるコトも。

後は耐久性と、使い込んでマウス表面のツヤツヤ塗料が剥がれたらどうなるのか
気になるくらいでしょうか。

 

Redragonと言えばドスパラで売ってる廉価品のイメージが強かったんですが、
こんないい商品だったんですね。