PCパーツ・周辺機器一覧

IntelのCPU脆弱性対策ファーム~Skylake用の新型=不具合持ちの旧型??

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1105495.html
https://newsroom.intel.com/news/security-issue-update-progress-continues-firmware-updates/

つい先日IntelがCPU脆弱性(Spectre)を緩和するファームウェアを各社に提供しました。
とりあえずSkylake用のみ。

1月に提供したファームウェアでは、
再起動病やデータ破損のおそれがあったため。

 


https://newsroom.intel.com/wp-content/uploads/sites/11/2018/02/microcode-update-guidance.pdf

ところか、Intelの新ファームって新しくない?みたいな話題があったので
ソース元とされるIntel発表資料を見てみると、Skylakeには *** との注釈付き。

 

んで、その注釈とは

Lines with “***” were previously recommended to discontinue use.
Subsequent testing by Intel has determined that these were unaffected by the stability issues and have been re-released without modification.

 

以前は使用中止を呼びかけていたよ。
でもIntelでテストしたら不具合がなかったので、そのまま再リリースしてみたよ。

 

 

Skylakeでは再起動病が起きなかったから大丈夫とのお墨付き!

 

 

https://jp.reuters.com/article/intel-chip-idJPKBN1F70D4
・・・あれ?
当初はHaswellとBroadwellのみで再起動病って話でしたけれど、
後にKabylakeでもSkylakeでもIvyでもSandyでも再起動病ってえらい話になってたような。

 

それを再リリースって本当に大丈夫なんでしょうかね?


今度は大丈夫?Intelが脆弱性対策ファームをメーカーへ配布

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1105495.html
https://newsroom.intel.com/news/security-issue-update-progress-continues-firmware-updates/

Spectre/Meltdownで散々なIntelプラットフォームですが、Spectre対策を施したファームを各メーカーに配布するそうです。
とりあえず最初はSkylake用。

 

・・・前回のBIOSには再起動病だけでなくデータ破損のおそれも有ったそうで、
今回も何かあるのでは?なんて疑心暗鬼にとらわれてます。

そもそもSpectre対策を行うと、ドカンとI/O周りが低速化するんでしたっけ。

 

早いところだと来週くらいには新型BIOSが出るんでしょうか。
当分コレも様子見した方がいいんでしょうか。


GIGABYTEのAM4マザーボードは全品Ryzen 2000シリーズに対応したとのこと


https://twitter.com/GIGABYTE_News/status/959665001224007680

GIGABYTEのAM4マザーボードはすべて最新BIOSにて
今月発売のZenAPU Raven Ridgeはもちろん、
4月発売予定のZen+にも対応したそうです。

対応が早いのは有り難いですし、
AM4マザーボード全品漏れなくってのは好印象。

4月にZen 2000シリーズで組むのなら、久しぶりにGIGABYTEも良いのかも。
いわゆるリビジョン商法ってのも、もう過去の物みたいですし。

 

で、肝心のBIOS内容なんですが・・・
VCore Autoにすると随分盛られるようになった?
なんてレポートも見掛けましたが、どうなんでしょうね。